時には占いで自分探しをしてみよう

昔から雑誌や新聞にも、その一ヶ月の星占いや、その日一日の占いが載っていたり、携帯電話でもよく見かけます。

占いを気にするとき、少なからず自分に自信のない時が多いものではないでしょうか。


私が占いを必要とするときは、漠然とした不安がある時もそうですし、毎日の暮らしの中に潜む不安に心がとらわれているような時、道しるべを探すように解決の糸口を見つけたい気持ちが強い時です。

当たるも八卦、当たらぬも八卦という言葉があるように、この言葉は、昔は筮竹を使って占い、さいころを使っても同じ占的が得られる、古くからある占術、易学の言葉です。無料の占いの注目度はますます高まっています。

私は占い好きが高じて、数種類の占いを勉強しました。

この易学とタロットが私には占いやすいので得意としていますので、まずは易学から述べていきましょう。遠い昔、中国から伝わったこの占術は、この世のすべては陰と陽の太極から成り立っており、そのメッセージを受け取めるものです。

選択の連続である人生です。
自分の選択に自信を持てなくなった時、例えば結婚を問いたいときに占うと、その問いに対する答えが返ってくるのです。
先ほど述べた当たるも八卦、当たらぬも八卦という言葉は、384通りある答えの中から、偶然選ばれた答えともとれますし、偶然ではなく必然であり、自分へのメッセージが込められた答えともとれます。

一方、東洋占術とは違った西洋占術です。星占術は変えることのできない自分に与えられた大きな宿命を見せてくれるものですが、タロットはカードを通して、その道をどうしたらより良く進むことができるかを示してくれるものです。
星占術の知識があると、タロットカードから得られた答えを深く読み込むことができます。

特に、人間が成長するうえでの精神的な問題には、大きな導きとなってくれますので、目の前にある問題をどうしたら乗り越えられるか、そのためにどうすればよいのか、誰が助けてくれるのかなど、様々な角度から問題解決の方法を見いだすことができるのです。

http://allabout.co.jp/gm/gc/209961/
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=BS34508
http://news.livedoor.com/article/detail/11161167/

電話占い使いやすさが好評です。

相性の電話占い情報に対応した情報サイトです。

手相の仕事運関する情報選びといえばこちらのサイトです。

縁結びのお守り情報選びを親身になってアドバイスいたします。

電話占いに関して悩んだら、是非お試し下さい。